田楽座  概要

1964年の秋、『信濃路における民俗芸能に 新しい時代の息吹きを!』また『現代の田楽法師に!』という想いを合言葉に、信州は伊那谷に誕生しました。

 

日本のふるさとに昔から伝わり、人々の暮らしの中で、

時代を超えて生き続けてきた唄や踊り、太鼓や舞などの

民俗芸能を今に伝える集団です。

 

「土の香 人の情 ふるさとをこよなく愛して」

 

を掲げて、全国に伝わる伝統芸能や語り継がれる話をもとにした創作舞台を皆様にお届けしています。

"ふるさと"を築く仕事

田楽座は、地元の祭り衆から手とり足とり芸能を教わり、

古老から昔の暮らしの話を聞き、

民俗芸能の中に脈々と流れる明るさ、強さ、美しさをどうしたら表現できるか、民俗芸能の持つ生命力に助けられながら、舞台創りに日々努力しています。

 

ホールでの一般公演から、地域のイベント、結婚式や敬老会などのお祝いの会などなど…。

あらゆる場所で、子どもからお年寄りまで楽しめる舞台をつくります。演目内容・公演時間等お気軽にご相談ください。

 

また、太鼓やお祭り芸能の講習・ワークショップ、作曲・振付け、オリジナルグッズの販売なども行っています。

みずみずしい生命力溢れる田楽座ならではの、魅力たっぷりの舞台。たくさんの夢とともに大地の鼓動を舞台にのせてみなさんのもとにお届けします。

Home

© 2015-2019 by dengakuza of Site. Proudly created with dengakuza