お客様へのお知らせ 

郷土芸能の講習料金の一部改定と、舞台上演についてのお願い

 

田楽座の講習演目の中には、各地の祭礼行事の中で大切に伝承されている郷土芸能がたくさん 

含まれています。講習に参加された多くのお客様が全国各地で、舞台上演を通じて芸能の魅力を

発信してくれています。

 

しかし、長い年月をかけて練り上げられてきた郷土芸能を、短期間で習得し舞台上演するのは

本来たいへん難しいことです。少なくとも1年以上練習を重ね、できれば複数回の指導を受け、

どのように上演するべきか真摯に考えぬいてはじめて、芸能の本来の魅力が表現できる―――。

それが、長年に渡り郷土芸能の講習会を実践してきた、私たち田楽座の結論です。

 

そして郷土芸能の調査・研究・修練・教材化には、多額の費用と膨大な時間がかかっています。

田楽座が今後も郷土芸能の講習を継続し、より多くの方々に、地元の芸能の持つ本来の魅力を深く

味わっていただくために、講習演目の一部について以下のように料金その他を改定させていただきます。

​料金改定の対象となる講習演目

 嘉瀬の奴踊り・金浦神楽・さんさ踊り・秩父屋台囃子

 天平太鼓・中山太鼓・水口囃子・楽打ち

 

◆講習料金を 2,000円/1時間 → 2,500円/1時間に  ※1 ※2

 

◆これらの講習演目を最初に舞台上演する際には、

事前に田楽座にご相談ください ※3

※1 料金改定は、2017年6月1日以降に開催決定し、7月1日以降に開催する講座について適用されます。

※2 これにともない、でんがく寺子屋・定期講座についても、一部料金改定となります。

※3 すでにこれらの演目の上演実績のあるお客様を制限するものではありませんが、過去の講習参加者を

対象にした「アフターケア講座」にご参加いただくなど、できるだけ主旨にご賛同いただければ幸いです。

※1 料金改定は、2017年6月1日以降に開催決定し、7月1日以降に開催する講座について適用されます。

※2 これにともない、でんがく寺子屋・定期講座についても、一部料金改定となります。

※3 すでにこれらの演目の上演実績のあるお客様を制限するものではありませんが、過去の講習参加者を

対象にした「アフターケア講座」にご参加いただくなど、できるだけ主旨にご賛同いただければ幸いです。

​2017年6月1日

歌舞劇団田楽座員一同​